【開催レポート】ワークショップ『ZAT式リコンディショニングのすすめ Part3』

11月4日(月)、ヒューマンアカデミー横浜校にて『ZAT式リコンディショニングのすすめ part3』を開催しました。


座学では、日本中が盛り上がったラグビーW杯をZATメソッドで紐解いていきました。
日本の練習風景でよくある歯を食いしばって頑張ることへの疑問。
グループリーグと決勝トーナメントの日本チームの違い。
勝つことが目的なのか、そもそもスポーツとは一体なんなのか。
部活とクラブの違いとは。
それが分からなければ、ノーサイドを体現することは出来ない、と内田塾長。
日本が得意なスポーツ、不得意なスポーツ。
それは良くも悪くも日本人だからなんだなと感じました。
今の流行りをZATメソッドで紐解くというのは毎度毎度ワクワクします!!


ZATメソッドで身体を動かすワークでは、バーベルや木の棒を使い「真っ直ぐ立つ」ことや、「バランスボールの使い方」など、みなさん笑いあり悲鳴ありの中、汗をかきながら体感していただきました!


身体が整ってくると、腰や肩などの不調が取れた方や、悩んでいたモヤモヤがスッキリした方など自身の変化を感じていただけたようです。
このワーク(稽古)は毎日欠かさず行うことが重要です。自分自身の変化に気がつけます。 

あっという間の2時間半でした。
その後はいつも通り懇親会にて、さらに深掘りしたトークが交わされていました!!
懇親会だけでも来る価値はあると思います!!笑